投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

投資信託のインデックスファンドとアクティブファンドの違いは?

      2015/06/16

014

投資信託には、日経平均株価などの市場平均指数に連動するように運用するインデックスファンドと 市場平均指数を上回る事を目指した積極的な運用をするアクティブファンドがあります。

投資信託によって市場平均指数は変わりますので、BM(ベンチマーク)という投資信託の運用成績と比較する為に基準とする指数がありますが、BM(ベンチマーク)を設定していない投資信託もあります。

 

インデックスファンドは、BM(ベンチマーク)と連動するように銘柄を組み入れ 機械的に連動させて運用します。

その為 運用に費用がかからないので 運用管理費用(信託報酬)は低くなっています。

 

アクティブファンドは、BM(ベンチマーク)を上回る事を目指して積極的に運用します。

世界の経済状況や金融市場などを分析し予測し 個別銘柄の分析をして 売買して BM(ベンチマーク)=市場平均を上回るように運用するので 投資の専門家(ファンドマネージャー)などの人件費がかかるので インデックスファンドより運用管理費用(信託報酬)は高くなります。

 

市場平均に連動するように運用するインデックスファンド場合は、投資する市場の状況によって損益は変化するので、投資する対象をきちんと把握して投資する事が大切です。

もちろん アクティブファンドも投資する対象をきちんと把握して投資する事も大切ですが、BM(ベンチマーク)よりどれだけ上回って運用できているのかもきちんと把握する事が大切です。

 

だから 基本 同じ市場なら インデックスファンドよりアクティブファンドの方が 成績が良くないと変ですよね。

しかし アクティブファンドでも BM(ベンチマーク)より成績が悪いものもあります。

インデックスファンドより高い運用管理費用(信託報酬)を必要とするアクティブファンドでBM(ベンチマーク)より成績が悪ければ 良い投資信託とは言えません。

投資信託で稼ぐ為にも そのような投資信託を選んではいけないって事ですね。

 

インデックスファンドとアクティブファンド どちらが良いというわけではありませんが、市場の動きと投資信託の運用成績には、密接な関係があるので 投資する市場の状況をある程度把握して どちらの方が良いのかを その時々で考える事が大切なんですね。

 - 投資信託入門・基礎知識