投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

分配金のある投資信託に注意!稼げて無くても分配金が貰える?!

      2015/06/16

019

投資信託には定期的に分配金を出す投資信託と 分配金を出さない投資信託があります。

分配金は、主に「配当・利子収入」と「売買益」で支払われます。

 

しかし 元本払戻金(特別分配金)という方法で 分配金を支払う方法もあるんです。

元本払戻金(特別分配金)で分配金を支払うと 元本を取り崩しているって事なので 分配金をもらっても元本が減っていくんですね。

だから 分配金をもらえて稼げているようで 実は稼げていないって事もあるんですよ。

 

そんな 元本取り崩し投資信託に投資しない為にも 元本取り崩し投資信託なのか見分ける必要があります。

 

・例えば毎月分配型の投資信託の場合

基準価格×トータルリターン÷12ヶ月で 毎月の基準価格に対しての利益を計算します。

※トータルリターンとは、年間の利益あるいは損失のことです。

その利益以上に分配金を払っていたら 元本を取り崩しているって事になりますね。

 

分配金の金額が変わったり、トータルリターンも変化しますので 元本取り崩し投資信託でなくても 元本取り崩し投資信託になってしまう場合があります。

だから 運用報告書をきちんと把握して 元本取り崩し投資信託は、持たない事が大切です。

 

投資信託を購入しても 運用報告書をきちんと見ないって方も多いようです。

解らないって方もいますし、分配金がもらえているから 稼げているって思っている方も多いようです。

大切な資金を運用してもらっているんですよ。

きちんと 運用した報告書をみて 投資信託を選び 今もっている投資信託があってもそのまま運用してもらうのかを判断しないと 損をしますよ。

 

投資信託の分配金に惑わされて 本質的な部分を見落としているかもしれません。

投資信託を選ぶ時には、分配金があろうがあるまいが トータルリターンとリスクなどを考えて選びましょう。

 

もしかしたら 今購入している投資信託が分配金で 元本を取り崩している状態かもしれませんよ。

分配金だけではなく 投資信託の運用報告書でトータルリターンをチェックですね。

 - 投資信託実践知識