投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

運用期間の短い投資信託や新規投資信託は特に注意が必要かも?!

      2015/06/18

022

投資信託を選ぶ際には、未来を予測する為にも 過去の運用成績を把握する事が大切です。

運用期間が短い投資信託は過去の運用成績が少ないですし 新規の投資信託は、過去の運用成績がありません。

だから 過去の運用成績から今後を予測する材料が少ないので、投資信託の運用予測が難しいのです。

 

運用期間が長くなれば 運用成績が良いという事は、ファンドマネージャーの運用が上手いと判断できますが、短い期間の運用成績がいくら良くても ファンドマネージャーの運用が上手いのか?それとも運が味方しているのかを判断する事が難しいのです。

だから 運用期間が短い投資信託の場合、注意が必要になるんですね。

 

そして 新規投資信託の場合は、運用成績が無いので どの程度のリスクがあり、どれくらいのリターンが望めるのかが解りません。

投資対象によってリスクとリターンについては、ある程度 予測する事も出来ますが、ファンドマネージャーの腕前は全然解りません。

だから 新規投資信託は、注意が必要なんです。

 

しかし 新発売される投資信託は、いろいろな方法でお金を集める為に宣伝するので注目されます。

投資信託を購入しようか迷っている方は、注目を集めている投資信託が気になりますし、販売会社も新発売の投資信託をすすめる場合もあります。

その誘惑によって 何も解らずに新規投資信託を購入してしまい 後悔する方もいるんです。

 

運用期間が短い投資信託や新規投資信託がダメだといっているわけではありません。

きちんと 分析できる部分を分析して リスクとリターンを考えて運用期間が短い投資信託や新規投資信託でも良いと判断できれば購入しても良いですが、注意が必要だといっているんです。

 

そして 運用期間が短い投資信託や新規投資信託にも魅力があります。

運用期間が短い投資信託や新規投資信託の場合は、運用期間が長い投資信託より予測が不安定になりますが、予測していた以上に ファンドマネージャーの腕が良くて良い投資信託である場合もあります。

さらに運用期間が短い投資信託や新規投資信託は、投資家を稼がせなければ未来が無いので、ファンドマネージャーに運用会社のエースなどをきようするような事もあるようですよ。

 

運用期間が長い投資信託もですが、運用期間が短い投資信託や新規投資信託を購入した場合は、特に今後の運用成績をこまめに確認しながら 投資信託の運用成績の動向を見極める必要があります。

だから 運用期間が短い投資信託や新規投資信託は注意が必要なんですね。

 - 投資信託実践知識