投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

ファンドって何?ファンドは投資信託ですが、ファンドの一部が投資信託なのです。

      2015/06/24

029

投資信託は、ファンドとも呼ばれますが、ファンドとは、投資家からお金を集め、いろいろなものに投資するという意味であり 投資信託以外の金融商品にもファンドと呼ばれる金融商品があるんですよ。

投資信託は、行政の監督を受けた投資信託委託業者によって厳しい監督の下で運営されているんです。

だから 投資信託は、ファンドの中でも 安全性の高い投資という事です。

でも勘違いしないで下さいね。

ここで言う 安全性とは、損をしないという事ではなく きちんとした管理の下で運用されている投資だという事です。

 

ファンドと呼ばれる 投資信託以外の金融商品には、音楽に関するファンドや農業に関するファンドや食べ物に関するファンドなどいろいろとあります。

 

音楽に関するファンドの場合は、資金を集めアーティストのCDを作り販売したり、イベントなどの収益によって配分するファンドなどがあります。

農業に関するファンドの場合は、資金を集め農産物の生産や加工をして販売した収益によって配分するファンドなどがあります。

飲食物に関するファンドの場合は、食べ物・飲み物の加工をして販売した収益によって配分するファンドなどがあります。

ファンドを通じてお金を出す事で、事業の運営に参加して 事業の業績によって配当などをもらうんですね。

 

☆投資信託以外のファンドを紹介しているサイト

セキュリテ

セキュリテとは、事業者と個人をつなぎ、お金と仲間を集めるマイクロ投資プラットフォーム

 

投資信託以外のファンドは、社会貢献的な感じや未知の可能性などもあり、とても魅力的ですが、投資信託と違い監督体制に大きな違いがあります。

これらのファンドの中には、どのような収益が望め、そして安全に資金が管理されているのかなど、管理する機関が行政でないので不確かな部分もあります。

だから 業績などの不安定さや透明性がないので、不安な部分が多いといえますが、それに伴うリターンが望める場合もあるんですね。

 

投資信託以外のファンドがダメだといっているわけではありませんが、行政の監督下にないので、販売規制や金融商品の運用に係る規制が適用されないものも多数あるので 注意が必要だという事なんです。

 

投資信託の場合は、行政の監督下にあり、販売規制や金融商品の運用に係る規制が適用されるので 安全性の高いファンドなんです。

安心して大切な資金を託すために行政の監督下にある投資信託というファンドがあるんですね。

 

分散投資として 投資信託以外のファンドを購入するという考え方もありだと思いますが、やはり 投資初心者の方は、まずはファンドの中でも安全性の高い投資信託の方がいいと思います。

 - 投資信託入門・基礎知識