投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

投資信託の最大リスクを予測しろ!最悪の事態になっても対処出来る資金で投資信託ですよ。

      2015/06/24

034

投資信託は、資金を運用して稼ぐ為にしますが その反面 損をするリスクもあります。

そして リスクをコントロールする事が 投資信託で 稼ぎ続ける為にも とても大切になるんです。

だから リスクについて予測しておく事が大切なんです。

 

投資信託のリスクは、リターンと比例する事が多く リスクとリターンは表裏一体で リターン(稼げる金額)を多くしようとすると その分 リスクも高くなるんです。

リターンばかりに 気を取られ リスクの事を考えていないと 大きな失敗をして 取り返しのつかない事態に陥る事もあります。

だから リスクを予測しておく事が 投資信託をする上で とても大切になるんです。

 

まずは、トータルリターンで リスクについて考えてみます。

トータルリターンとは、年間の利益あるいは損失のことです。

だから トータルリターンを数年分 把握する事で リスクについて ある程度 予測がつくようになります。

リスクとリターンは表裏一体と 先ほど書きましたが、トータルリターンをみて リターンが大きいという事は、リスクも大きいという投資信託と判断できますね。

 

そして 標準偏差という 測定期間内のファンドの平均リターンと 月別などのリターンが どの程度離れているのかを判断できる値を使う事で 投資信託の運用成績のブレが解ります。

ブレが解る事で 最高と最低のブレ幅のリスクがあると予測する事が出来ますね。

 

リスクに関しては、最大のリスクを予測しておく事も大切です。

投資には落とし穴があるで いろいろと説明しましたが、予測できない事態により 大きく損をする可能性もあるんです。

投資信託の場合は、分散投資をしているので 株式投資のように企業が倒産して株価がゼロになるような事は、ありませんが、やはり 経済状況に大きく影響する事があれば 大きく損をする可能性もあります。

だから 最大のリスクを予測しておく事も大切って事です。

 

私の場合は、最大のリスクは、トータルリターンや標準偏差を基準に 変動率である程度決めています。

いろいろな事を考慮して 最大でリスクがどれくらいあり、もし最悪の事態になっても 対処できるというリスク以上に危ない投資は絶対にしてはいけません。

リスクを考えないで 投資をして、全てを失っては取り返しがつきませんよ。

だから 最大のリスクを予測し もし最悪の事態になっても対処できる余裕な資金で投資はするべきなんですね。

 

最悪の事態でも対処できる資金余裕資金についてはこちらで説明しています。

→ 投資は余裕資金でするのが原則!投資信託に使える余裕資金を考える。

 - 投資信託豆知識