投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

投資信託の分配金を再投資した方が良いのか?それとも分配金は使っちゃう?

      2015/06/24

035

投資信託には、分配金といって決算期に 運用益などで支払われるお金がある投資信託があります。

分配金を自動的に再投資されるタイプと分配金を受け取るタイプなどがありますし、分配金を再投資するのか? 分配金を受け取るのか?を選べる投資信託もあります。

分配金をどうすればいいのか?って 迷ってしまう方も多くいると思います。

 

そこで 分配金を受け取るべきか それとも再投資するべきか について考えてみます。

基本 投資信託の場合は、長期投資をする方が多いので 長期で運用するのであれば、複利の効果を得る為にも 再投資した方が効率よく資金を増やす事ができるので、分配金を再投資をする方が良いと思います。

でも 分配金をもらって また投資信託を購入すればいいって思われる方もいると思いますが、分配金も受け取ると税金がかかりますし、投資信託を新たに購入するには、販売手数料などがかかるので 余計なコストがかかるので やはり再投資した方が良いと思いますし 再投資する事で複利効果により 効率良く資金運用ができるんです。

 

しかし 投資信託の運用成績によっては、分配金を受け取っておけば その時点での利益確定にもなるので、その後 投資信託の運用成績が良くなくても 損失を抑える事ができます。

考え方は、人それぞれですし、運用成績によって 再投資しておけば良かったと思う事もあれば、分配金を受け取っておけば良かったなど結果が変わるので、分配金を受け取った方が良いとも分配金を再投資した方が良いとも 一概にはいえませんね。

 

では、分配金は どうすれば良いのか?

リスクとリターンの事を考えて 分配金を受け取るか 再投資するかを決めてみてはいかがでしょう?

安定して運用される安全性の高い投資信託であれば 長期運用で複利の効果を最大限にいかすために、分配金を再投資した方が良いと思います。

短期的な売買益を目指す ハイリスク・ハイリターンな投資信託の場合は、利益を確定出来ますので リスク軽減の為にも 分配金を受け取った方が良いと思います。

 

そして 年金だけでは、生活費が少し足りないので、定期的な収入源が欲しいと思われる方は、資産を運用しながら分配金をもらうという考え方もいいかもしれません。

まだまだ 若い世代で収入がある場合は、再投資した方が複利効果もあり資金が増えて老後の為になると思いますので、分配金の再投資の方がオススメですね。

生活スタイルや年代や預貯金などの資産などによって 分配金を受け取るか 再投資するのかを考える事もできますね。

 - 投資信託実践知識