投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

分散型の投資信託。バランス型投資信託でバランスよく投資?!

      2015/06/24

040

投資信託は、基本 投資家から集めた資金で分散して投資します。

その中でも いろいろな分野(投資対象)に分散して投資するのが バランス型の投資信託です。

株式投資信託の場合は、いろいろな銘柄の株を購入して分散投資しますが 基本 株式で分散して投資しますし、債権投資信託の場合は、債権で分散投資しますね。

 

バランス型投資信託では、株式や債券や不動産など いろいろな投資対象に分散して投資するので 良いバランス型の投資信託であれば 株式投資信託や債権投資信託などにわけて投資する必要がないんです。

バランス型の投資信託であれば、ひとつの投資信託を購入するだけで いろいろな分野(投資対象)に分散して投資ができます。

 

投資では、投資対象によって リスクやリターンが違いますし、どんな状況で上がる 下がるなども違うんです。

だから いろいろな分野(投資対象)に投資をした方がリスクも分散され 安定して資産の運用ができるという事なんです。

 

バランス型投資信託の場合、国内債券、国内株式、外国債券、外国株式など 株式と債券を組み合わせた物が主流ですが、不動産投資なども組み入れたものもあるんです。

そして バランス型投資信託でも ローリスク・ローリターンやハイリスク・ハイリターンがあります。

バランス型投資信託のリスクやリターンの度合いを変えるのは、株式の組入れ比率です。

投資信託の中で 株式に投資する比率が高いほど、リスクとリターンが高くなるんですね。

リスクをあまり取りたくないという人は株式の組み入れ比率の低いバランス型投資信託を選び リスクを取っても大きなリターンを望む方は株式の組み入れ比率の高いバランス型投資信託を選ぶなど、自分のリスク許容度などによって選ぶべきですね。

 

☆バランス型投資信託のメリットとデメリットまとめ

・バランス型投資信託のメリット

バランス型投資信託のメリットは、一つの投資信託で いろいろな分野(投資対象)に分散投資する事が出来るのでいろいろな投資信託を選ぶ必要もありませんし リスクを抑える事も出来ます。

 

・バランス型投資信託のデメリット

バランス型投資信託のデメリットは、手数料が割高な傾向にあることです。

そして いろいろな分野(投資対象)に投資しているので、全体の状況把握が難しく 売買するタイミングなどを考えるのが特に難しいと言えます。

バランス型投資信託は、一つの投資信託で多くの投資対象に分散して投資できるとても魅力的な投資信託ですが、デメリットもあります。

 

投資にさける時間があまりなく 一つの投資信託で 理想的な分散投資をしたいと思われている方に オススメなのが バランス型投資信託ですね。

 - 投資信託実践知識