投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

短期的な展望では投資信託では稼げない?!投資信託は長期的な展望が大切?!

      2015/07/07

044

投資信託の場合は、株式投資などのように短期的な株価変動を予測して、短期間で売買して稼ぐことは難しいのです。

投資信託は、投資家が資金を投資信託のファンドマネージャーに託して、多くの金額で長期間で安定して運用してもらい運用益によって稼ぐという感じです。

だから 短期的な展望だけでは、投資信託では稼げない可能性が高くなるんです。

 

投資信託の場合は、中長期運用で 最低でも数年という期間で稼ぐという考え方が必要になります。

なので 短期間での運用成績だけで、購入するべき投資信託を選ぶべきではありません。

投資信託も価格変動があるので、短期間の売買で少しは稼ぐ事もできますが、投資信託の場合は、リスク分散型の投資なので株式投資などのように価格変動が大きくありません。

 

そして 短期の運用成績で、投資信託を売買しても売買手数料・解約手数料などのコストがかかり無駄が多くなり稼げませんよ。

だから 最低でも投資信託を購入してから数年は、特別な理由がないかぎり売るような事はしない方が良いと思います。

いろいろと考えるとやはり、短期的な展望では、投資信託では稼げないのです。

投資信託を選ぶ際は、短期的な展望より長期的な展望の方が大切になります。

今後の世界経済の流れや、どの国が魅力的になるのか? テーマ型の投資信託で短期的な投資信託をすると考えても 最低 数年先の事を考える必要があるんですね。

 

売買での差益などで稼ぐ事が出来る株式投資などと違い 数百万円を1年で数千万円にするようなギャンブル的な投資は、投資信託では出来ないのです。

そのような投資をしたいのであれば 資金以上の取引が出来る株式投資やFXをするしかありません。

投資信託の場合は、堅実に資金を運用して運用益によって資産を増やすという感じですね。

投資信託を選ぶ際は、最低でも数年程度の中長期的に運用する事を考えて選ぶ事が大切ですよ。

 

そして 投資信託を購入してからは、投資信託の状況を把握して今後の展望を考えて分析し良い投資信託でなければ売ってもいいですが、良い投資信託であれば 資金が必要になるまで売らない方がいいんです。

投資信託では、長期的に運用する事で 複利の効果もあり資金が増えていくんですね。

 

投資信託の場合は、長期的な展望で選ぶべきですので少しの経済状況の変化により運用成績が悪化しても、すぐに売買をするような事も必要ありません。

だから すぐに売らなければなどという事も少なく安心して投資に取り組む事ができます。

投資をする上で 平常心で分析して平常心で状況を判断する事が大切です。

投資初心者の方には、難しい事ですが、投資信託の場合は、短時間の売買での売買益を目的としていないので時間的余裕があり 平常心で投資をする事がすることができます。

だから 投資信託は、投資初心者におすすめな投資といえます。

 

株式投資やFXのように価格変動が早く、いつも投資の事を気にする必要がないので、投資信託の方が心理的負担も少なく 投資初心者の方にオススメなんですね。

投資信託で稼ぐ為には、短期的な展望で投資信託をするのではなく、長期的な展望で投資信託をするべきなんですね。

 - 投資信託豆知識