投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

投資信託のアクティブファンドの選び方!アクティブファンドは慎重に選べ!

      2015/07/07

050

アクティブファンドとは、インデックス(市場全体の動向を示す指標や指数)を上回るように運用する為にファンドマネージャーが投資信託に組み入れる銘柄を選定しながら売買して運用する投資信託です。

アクティブファンドは、運用するファンドマネージャーの能力で、大きく運用成績が変わるので、いろいろと分析する必要があります。

だから インデックスファンドより アクティブファンドの方が選ぶ時には、いろいろな事を調べて分析する必要があるので難しいんです。

 

アクティブファンドでも、やはりインデックス(市場全体の動向を示す指標や指数)によって運用成績が左右されます。

だから 株式や債券など 投資対象とインデックス別に分析する必要があります。

 

投資信託を選ぶ為には、まずは 投資対象を絞る必要があります。

安全が最優先なら先進国の債権が中心の投資信託など リターンを望むのであれば 新興国の株式など どのような投資対象に投資したいのかを決める必要があります。

そして 同じ投資対象に投資している投資信託を運用成績などで比較するんです。

アクティブファンドの場合は、ファンドマネージャーの手腕で大きく運用成績が変わりますので、ここが一番大切になります。

 

運用成績を比較するときは、短期間での運用成績ではなく なるべく長期間の運用成績で比較しましょう。

短期間は稼げている投資信託でも、長期間での運用をみると大きく運用成績が上下する投資信託もあり 長期間でみると運用成績があまり良くない場合があるからです。

投資信託の場合は、基本 ある程度の期間運用して 資金を増やすという考え方で運用するので、長期間の運用成績が大切になるんです。

安定して稼ぎ続ける為にも 長期間の運用成績で アクティブファンドは選ぶべきなんですね。

 

投資は、リスクが高ければ稼げる可能性が高いといわれます。

しかし 必ずしもリスクに比例したリターンだとはいえません。

投資のリスクとリターンは、ある程度の関連性がありますが、必ずしもリスクとリターンは比例するというわけでは無いんですね。

リスクが同じでも 投資信託によってリターンは違うんです。

だから リスクに対してリターンが望める投資信託を選ぶ事が、投資信託で稼ぎ続ける為に大切なんです。

 

その為には、トータルリターンと標準偏差とシャープレシオで、きちんとリスクとリターンを把握する必要があります。

トータルリターンで年間の運用成績を把握するし、標準偏差で運用成績のブレを把握する事ができるのでリスクとリターンの安定性を知る事ができます。

そして シャープレシオは、リスク調整後のリターンを測る事ができるので運用の効率を把握する事ができます。

トータルリターンと標準偏差とシャープレシオで 投資信託のリスクとリターンについて知る事が出来るんですね。

 

投資信託の場合は、多くの資金で分散して投資する事で、安定して資金運用をする事が出来ます。

だから 投資信託は資金が多い方が優位な事が多いので、総資産額がある程度の投資信託を選ぶべきなんです。

そして 投資信託の資金がどのような状態なのかを把握する為にも、資金の流出入も確認しておく事も大切です。

投資信託の資金の流出が多いようであったら、資金が減っているということになるので、さけるべき投資信託かもしれませんね。

 

そして 投資信託のコストである販売手数料や信託報酬などを調べて どの投資信託が良いのかを選ぶんですね。

コストは、基本 運用成績以上に確実な数字になりますので、重要視するべきだと思いますよ。

アクティブファンドは、運用会社によって大きく運用成績が違いますので きちんと分析して状況を把握し選ぶ事が大切なんです。

 - 投資信託実践知識