投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

一概に投資信託といっても投資対象や運用方法など中身によってリスクやリターンが全然違う?!

      2015/07/07

053

投資信託といっても とても多くの種類があり、投資する中身によって全然リスクも変わってきますし、リターンも変わるんです。

投資信託は、儲かるって話を聞いても 儲かっている投資信託もあれば、儲かっていない投資信託もあるので、一概に投資信託が儲かると勘違いしてはダメなんです。

逆に 投資信託で大きく損をしたという話を聞いたとしても、投資信託は全て大きく損をすると勘違いしてもダメなんですね。

大きく損をするリスクのある投資信託もありますが、リスクの低い投資信託もあるんですよ。

 

投資信託の場合は、投資対象や投資先によって 全然リスクやリターンが違いますので、その事を理解してから投資信託を選ぶべきなんですね。

投資対象については、債権がローリスクとされ 株式がハイリスクと言われています。

投資対象についてはこちらで説明しています。 → 投資信託の投資対象について学ぶ

 

そして 投資先としては、日本以外にも海外があり、海外でも先進国や新興国などに分ける事ができるので、その中でも国々によってリスクやリターンが変わってきます。

日本国内の債券や不動産や株式などであれば、為替の影響が無いので為替に関するリスクなどはないですが、海外になるとその国の通貨を購入してから投資対象を購入する事になるので、為替のリスクも関係してきます。

先進国の方が安定的ですが、経済が成熟しているので大きな成長率を望にくい部分があります。

まだまだ 情報不足の面や不安定な国家状況などを考えると新興国はリスクが高いといわれますが、新興国の成長率などを考えると新興国は魅力的な部分も多く秘めているんですね。

投資先によって メリット・デメリットがあるんですね。

自分が魅力的に感じ、投資したいと思える投資先を見つける事が大切です。

 

さらに リスクとリターンを考えて 無理の無い資金で投資する事が一番大切ですね。

投資信託は、投資対象や投資先によって全然違う投資商品になります。

何も理解しないで、投資信託をしようと思って、銀行などに行って進められるがままに投資信託を購入したら、失敗する可能性が高くなります。

だから 失敗しない為にも 自分で投資信託の中身をきちんと理解する事が大切です。

 

どうせ投資信託は、どれも同じような物だと思っている方もいるかもしれませんが、投資信託は中身によって全然リスクやリターンが違うんですよ。

投資初心者だから 難しいことは解らないから適当に選んでしまうのではなく、最低でも投資対象や投資先のリスクなどについては、ある程度把握してから投資信託を始めましょう。

もし 難しいことは苦手だ!って人で、投資初心者の方は、リスクが低いインデックスファンドを積み立て方式で初めてみる方がいいかもしれませんね。

→ インデックスファンドの選び方!インデックスファンドはこう選べ!

 - 投資信託入門・基礎知識