投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

投資信託の分配金は預貯金の利息とは違うんです!分配金は分配金です!

      2015/07/07

057

投資信託には、分配金という投資信託の決算時などに支払われるお金があります。

毎月分配金がもらえる投資信託もあり、分配金目的で投資信託の購入を決められる方もいるようです。

なんとなく 投資信託の分配金と 預貯金の利息を同じように思い利息が多くもらえるから嬉しいと思っている方もいるのではないでしょうか?

しかし 投資信託の分配金は、預貯金の利息とは全然違うんです。

 

預貯金の場合は、基本 元本保証がされていて、利息は元本に対しての利息であり、もちろん利息を受け取っても元本が減る事はありません。

投資信託の場合は、投資なので元本保証はありません。

 

そして 分配金は、決算時などに支払われるお金ですが、分配金はの全てが投資信託で稼げたお金ではなく、元本を取り崩している場合があるんです。

だから 投資信託の運用成績が良くて運用益によって分配金が支払われているのでは無い場合もあるんです。

さらに 投資信託の運用成績がマイナスでも分配金を支払う投資信託もあるので、稼げていなくて元本を取り崩しているだけの場合もあるんですね。

 

預貯金の利息のような支払い方がされるので、投資信託の分配金も利息のようなものだと勘違いしてしまう方もいますが、預貯金の利息と投資信託の分配金は、別ものだと理解しておく事が大切です。

 

そして 例え運用益によって分配金を支払っている投資信託でも 長期運用を考えている場合は、分配金を支払う投資信託は、あまりオススメではありません。

なぜなら 投資信託で長期運用を考えるのであれば 複利の効果を理解しておいた方が良いですし、複利の効果を考えると分配金をもらわない投資信託の方が良いからですね。

複利についてはこちらで説明しています。 → 投資信託の強い味方である複利を知る

 

分配金のもらえる投資信託がダメだと言っているわけではありません。

分配金をきちんと理解して、預貯金の利息と同じようなものだと勘違いしている方は、ダメですよって説明しているだけなんですね。

分配金によって、利益確定をしながら資産運用をしたいと考えている場合であれば 分配金がもらえる投資信託を選ぶ事も良いと思いますが、分配金の仕組みをきちんと理解しないで 分配金がもらえるからお得な感じがすると勘違いして分配型の投資信託を選ぶべきではないと説明しているんです。

 

分配金は、必ずしも投資信託の運用益で支払われているものではありませんし、元本を取り崩しながら支払われている場合もある事をきちんと理解する事が大切です。

預貯金と投資信託は、全然違うものだと きちんと理解して 投資信託はリスクのある投資であり、その投資信託の分配金は、必ず運用益があるから支払われているのではなく 運用成績が悪ければ 元本を取り崩している場合もある事を理解しておく事が大切なんですね。

 - 投資信託入門・基礎知識