投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

別の投資信託に投資するファンド・オブ・ファンズとファミリーファンドとは?

      2015/07/07

058

投資信託の中には、直接 債権や株式などに投資する投資信託と 別の投資信託に投資して運用する投資信託があります。

そして 別の投資信託に投資するタイプの投資信託には、「ファンド・オブ・ファンズ」と「ファミリーファンド」という種類があります。

 

ファンド・オブ・ファンズとは、複数の別の投資信託に投資する投資信託の事です。

投資信託は分散投資をする投資ですが、もっと分散して価格変動リスクを抑える分散投資を1つのファンドで行えるのがファンド・オブ・ファンズという投資信託なんです。

いくつかの投資信託を購入して、分散投資をより分散する方法もありますが、ファンド・オブ・ファンズであれば、その手間を省く事ができるんです。

 

そして ファンド・オブ・ファンズの場合は、自動的に資産配分のバランスをとってくれるので、ポートフィリオ(運用している資産の構成状況)を考えて 投資信託の組み替えをする手間も省く事ができます。

だから 運用成績の良いファンド・オブ・ファンズに投資すれば、後の手間もなく バランスの良い投資ができるという事になるんです。

しかし ファンド・オブ・ファンズの場合は、購入したファンドとそのファンドが購入した別のファンドのコストがかかる為、運用コストなどが割高なファンドになる場合が多いです。

だから ファンド・オブ・ファンズを選ぶ時は、コストをきちんと把握して購入する事が大切になります。

 

ファミリーファンドとは、マザーファンドとベビーファンドというファンドがあり、マザーファンドが債権や株式などに投資して、ベビーファンドがマザーファンドに投資するという仕組みのファンドです。

大きな資金で運用する事で効率的に運用ができるので このような仕組みのファンドがあるんです。

運用会社は、系列グループであるので手数料は、ファンド・オブ・ファンズのように割高になる事もありません。

しかし ファミリーファンドの場合は、多くの投資対象に分散投資をする仕組みではないので、ポートフィリオ(運用している資産の構成状況)を考えて 投資信託の組み替えをする必要がある場合もあるんです。

 

ファンド・オブ・ファンズとファミリーファンド、どちらがオススメだという事ではありませんが、どちらもメリットもあればデメリットもあります。

生活スタイルや投資スタイルにあった 投資信託を選ぶ為にも ファンド・オブ・ファンズとファミリーファンドを知る事も大切だという事なんですね。

 

投資信託は、少額資金で分散投資ができますし、集めた大きな資金で運用する事で、安定した運用成績を得る事ができるのが魅力でもあります。

その分散投資と大きな資金力という魅力を最大限にいかせる仕組みが、ファンド・オブ・ファンズとファミリーファンドというファンドだともいえるんですね。

分散投資し過ぎると、大きなリターンを望むことは難しいですが、リスクを考えると分散投資できるファンド・オブ・ファンズとファミリーファンドもオススメだといえます。

 - 投資信託入門・基礎知識