投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

国内外への分散投資をする事も大切!国内だけの投資では分散出来てないかも?!

      2015/07/07

062

投資信託は、分散投資が出来る事が魅力ですが、同じような投資信託をいくつも購入して 分散投資をしている気分になっていませんか?

分散投資を考える上で大切な事として 国内外も考えて分散する事です。

 

国内の株式で いくら分散しても 国内の景気が低迷していたら 全体的にさがり 稼ぐ事が出来ませんよね。

海外でも 円安・円高の影響を受ける 海外の株式だけで運用するのもリスクが高くなりすぎる場合ばあります。

海外といっても いろいろな国がありますし 国によって経済状況が変わりますよね。

だから 分散投資をする場合は、国内外 どちらとも考えたバランスの良い分散投資をするべきなんです。

 

基本としては、日本株式・海外株式(先進国+新興国)・日本債権・海外債権(先進国+新興国)を組み入れた分散投資をするべきだと思います。

さらに 不動産などの投資信託もあるので、そちらも国内外を組み入れると、より分散する事ができてリスクを軽減できるといえます。

 

海外への投資は、リスクが高いからと敬遠している方もいると思いますが、日本より成長率が良くて魅力的な国がいろいろとあるんです。

日本の株価が下がっていても、他の国の株価が上がっている時もあるんですよ。

なぜなら 日本の景気が悪くても、景気の良い国が海外にはあるからなんですね。

景気の良い国に投資する事で、その恩恵にあやかれるんです。

 

そして 景気には、波があり 基本 景気が良くなったり悪くなったりします。

ずっと 同じ国が景気の良い状態が続くという事は、今までの歴史の中でありません。

どの国も 多かれ少なかれ 景気は、良くなったり、悪くなったりするんです。

だから いろいろな国に分散して投資する事が、本当の意味での分散投資になり稼げる可能性を高くすることが出来るのです。

 

国内が景気がよければ、国内だけの投資をしようと思われる方もいると思います。

しかし いつ景気が悪くなるのかは、プロの投資家でも簡単に解るものではありません。

日本もバブル崩壊により、株価が大きく下がった事がありますよね。

その時は、誰もが予測できないで、多くの方が多くの資産を失ったんです。

国内だけの投資に拘りすぎると、大きな失敗をするリスクが高くなるという事もあるんですね。

 

情報も少ない海外への投資を何も解らないで、独自で売買するのはとてもリスクが高いですが、投資信託という手段を使えば、投資の専門家達が海外の情報や状況を判断して投資をしてくれます。

日本国内への投資であれば、投資の勉強をして、ある程度の時間がある方であれば、株式・債権などを自分で売買する事も良いと思いますが、海外への投資の場合は、為替変動リスクや情報収集の難しさなどを考えると安易にチャレンジするべきでは無いと思います。

だから 海外への投資を考えるのであれば やはり 投資信託を利用した方が得策だと思います。

投資信託で折角 分散投資をするのであれば、国内外への分散を考えた投資をするべきではないでしょうか。

 - 投資信託実践知識