投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

魅力的な市場(新興国市場やフロンティア市場)を学んで投資する?!投資信託で新興国市場やフロンティア市場に投資!

      2015/07/08

065

投資をする上で 魅力的な市場に投資する事も大切なんです。

なぜなら 投資は 未来の価値が上がると思える市場に投資して その予測した未来が当たれば稼げるんです。

だから 未来の価値が上がると思える 魅力的な市場に投資する事が大切なんですね。

 

日本などの場合は、少子高齢化により 経済成長は、とても難しい状態ですし、国の借金なども問題ですよね。

そして 社会保障などを考えると まだまだ、税金が高くするしかないのが現状だといわれています。

そんな日本に魅力を感じますか?

 

日本にも魅力的な企業もありますが、そのほとんどが海外市場へ進出しています。

なぜなら 海外の方が。日本国内より魅力的で稼げる可能性が高いからです。

その事で考えても 海外には魅力的な市場があるという事が理解できますよね。

 

ニュースでも 中国やインドやロシアやブラジルなど いろいろな国の経済状況を見聞きする事があると思いますが、経済成長率などを考えても日本よりも魅力的な国が沢山あります。

未来を考えると 日本の国が、もっと豊かになる可能性より、今は豊かでないがこれからもっと豊かになる可能性が高い国があるのではないでしょうか?

 

〇先進国と開発途上国(発展途上国)を知る

市場を国で考えてみると 大きく先進国・開発途上国(発展途上国)にわける事ができます。

先進国とは、技術水準や生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国家のことを指します。

開発途上国とは、技術水準や生活水準が先進国に比べて低く、経済成長の途上にある国のことを指します。

 

主要先進国として、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、オーストラリアなどあり 日本も先進国といわれているんですね。

先進国の方が経済発展をしており、投資をする上で安定的に運用する為には、やはり先進国の方が良いと思われる方が多いのではないでしょうか?

しかし 開発途上国の中には、政治、経済などの分野において急速な発展を遂げつつある新興国と呼ばれる国もあり、経済成長率でいうと 新興国は先進国を大きく凌ぐ勢いで成長しているんです。

 

だから 新興国の方が 市場としてみると魅力的だといえるのではないでしょうか?

まだまだ 新興国は、政治や経済共に 不安定要素が多いですが、経済発展の勢いなどを考えると 魅力的ですね。

主要な新興国としては、ブラジル、ロシア、インド、中国などがあります。

そして 新興国に続き ベトナム、バングラデシュ、ナイジェリアなどのフロンティア市場と呼ばれる国々もあります。

 

時代は変化して 国の経済状況は日々変化しているので、先進国だけを考えた投資より、もっと魅力的な 新興国市場やフロンティア市場への投資も考えてみるべきではないでしょうか?

しかし 魅力的な新興国市場やフロンティア市場は、先進国市場より 不安定要素が多いので、素人が独自に投資するにはリスクが大きすぎます。

だから 魅力的な新興国市場やフロンティア市場に投資をするのであれば、投資信託で投資の専門家に任せて投資した方が得策です。

 

しかし 未知なる魅力的な新興国市場やフロンティア市場への投資をする時は、大きなリターンを望める可能性もあるが、大きなリスクもあることを忘れてはいけません。

だから 新興国市場やフロンティア市場に投資をするのであれば、特に余裕な資金を考えて投資する事が大切です。

もし新興国市場やフロンティア市場に投資をする場合は、魅力の裏にあるリスクも、きちんと理解してから投資をしましょう。

 - 投資信託豆知識