投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

テーマ型投資信託の罠?!テーマ型投資信託はハイリスク・ハイリターン?!

      2015/07/08

066

投資信託には、テーマ型という「資源」「エコ」「水」「SRI(企業の社会的責任)」「IT」などといったテーマを絞った投資信託があります。

テーマ型の投資信託の場合は、そのテーマが長続きするかが大切になります。

一時期 日本もITバブルといって IT企業の株価が、どんどん上昇していた時があります。

しかし ITバブルは弾けてしまい 大きく損をした方が沢山でました。

ITというテーマの投資信託を購入した方は、短期では稼げたかもしれませんが、中長期ではどうでしょう?

中長期の方は、損をした方が多いと思います。

投資信託の場合は、中長期で運用する方が多いので、ITというテーマの投資信託を購入した方は、最終的に損をした方の方が多いのではないでしょうか。

 

テーマ型は、はまれば大きく稼ぐ事も出来ます。しかし 短い期間で終わってしまう流行廃りのあるテーマ型の投資信託に投資した場合は、短期で稼ぐ事も出来ますが、中長期で運用する投資信託の場合には、あまりオススメできない投資信託といえます。

投資のスタイルや自分の考え方に合ったテーマの投資信託を信念を持って選ぶのであればいいと思いますが、流行にのってテーマ型の投資信託は選ばない方が無難だと思いますよ。

 

テーマ型の投資信託がダメだといっているわけではありません。

テーマ型の投資信託の場合は、短期での投資であれば、とても魅力的な部分もあります。

IT関連のテーマの投資信託を購入して、ITバブルが弾ける前に 売った方は、ITというテーマの投資信託で稼いでいるんです。

売るタイミングを掴む為に情報収集や分析をして、そろそろこのテーマは怪しいと思ったら 早めに売り逃げるなどできれば テーマ型の投資信託で稼ぐことが出来るんですよ。

だから テーマ型の投資信託は、短期間で稼げる可能性のあるハイリスク・ハイリターンを望める投資信託だともいえますね。

 

しかし それでは、投資信託の醍醐味である購入する時に きちんと選んで、後は、数ヶ月や1年に一回見直せばいいという忙しい方でも出来る投資方法では難しいということになります。

そして 投資信託のメリットである複利で稼ぐという中長期な投資方法もあまりオススメできません。

テーマ型の投資信託で稼ぎたければ、そのテーマに関する情報をきちんと収集して、テーマの市場をきちんと把握しておく事が必要になるんですね。

 

それなら 株式投資をテーマに沿って 自分ですればいいのでは?っと 思う方もいると思います。

しかし それとは、次元が違います。

株式投資の場合は、テーマを絞りそれに関連する企業の情報を収集して、いろいろな企業を吟味し、そして売買する必要があるんです。

 

さらに 株式投資で投資信託のように分散投資する場合は、いくつもの企業の株を購入して分散する必要もありますし、企業によって株を売買するタイミングを考えて行動する必要があります。

だから 自分で株式投資をするよりは、断然 テーマ型の投資信託を購入して売るタイミングを考える方が楽だという事ですね。

 

分析などが必要でも 短期で投資信託で稼ぎたいと思う方であれば テーマ型の投資信託を選ぶのも良いと思いますよ。

テーマ型の投資信託の場合は、ほったらかしにしていると いつの間にか大きな損をしているって事があるので、きちんと分析して売買するタイミングを考える必要があるんですね。

 - 投資信託豆知識