投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

新興国に投資するなら新興国を知ることが大切!新興国を知って投資信託で新興国に投資してみる?!

      2015/07/08

068

投資信託で新興国に投資すると考えているは、新興国の事を少しは知る事が大切です。

何も知らないで、新興国へ投資をすると 損をした時に後悔する事になりますよ。

新興国は可能性を秘めていますが、不安定要素もあり、リスクが高いんです。

だから 新興国に投資する投資信託を選ぶ時に、どんな新興国なのかを知っておく事が大切なんですね。

 

新興国によっても、資源国であったり、工業国であったり、国土が広い、人口が多いと いろいろと特色があります。

投資信託で新興国に投資するといっても いろいろな新興国に投資する投資信託があります。

 

新興国に投資する投資信託は、中国・インド・ロシア・ブラジルなど、個別の国に投資するものや アジア、南米、東欧などの地域の新興国に投資するものやBRICs・VISTAといったグループ分けされたものや新興国全体に投資するものなど いろいろとあるんです。

新興国の個別の国に投資する場合は、個別の新興国の状況をいろいろと知る必要がありますし、新興国の地域やグループに投資する場合は、関係する新興国の状況をある程度は把握しておく必要があります。

新興国全体に投資するにしても 少しは、新興国の事を知っておく必要がありますよね。

 

だから 主な新興国である 中国・インド・ロシア・ブラジルなどの新興国について簡単に説明します。

 

中国は、人口も多く国土も大きい成長中の新興国で資源も豊富で工業化も進み経済成長率の高い国です。

しかし 政治や経済の仕組みが未知の部分が多く リスクも高い国ともいえる国です。

近隣の国とも もめ事も多く 今後の政治動向によって経済発展の流れがどうなるか不透明な所もあります。

 

インドは、海外からの資金流入も多く経済成長率も高い国で、人口が多く工業化へ進んでいて所得中間層が増えている有望な新興国です。

しかし インフラ設備など未発達の部分も多く まだまだ成長途中の国です。

 

ロシアは、広大な国土を持つ資源大国です。資源の輸出などによって好景気な高い経済成長率の新興国です。

しかし アメリカとの関係や軍事の事もあり、ロシア政府の動向により、経済状況にリスクを抱えている国ともいえます。

 

ブラジルは、広大な国土を持ち資源国とも農業国ともいえる経済成長率の高い新興国です。

労働年齢も若いパワフルな国ですが、まだまだ政治や経済は未発達でリスクが高い国といえます。

 

南アフリカは、金やダイヤモンドなどで有名な資源国ですが、レアメタルの産出量も多く 資源の輸出によって高い経済成長率をほこる新興国です。

だから資源の相場変動が大きく経済に影響を与える国といえます。

そして 政治や治安についての問題を抱えているのが不安要素をいえるでしょう。

 

投資信託でも 新興国に投資するのであれば、ある程度は、投資する新興国について知っておく事が大切です。

なぜなら リスクを背負って大切な自分の資金を使って投資をするなら、きちんと投資する国である 新興国の魅力やリスクを知っておく必要があるからです。

自分にとって魅力の方が大きければ、新興国に投資すればいいですし、リスクの方が高いと思えば投資をしないという判断ができますよね。

投資信託は、投資のプロに任せる投資ですが、ある程度は、投資する国の事を知っておく事も大切ではないでしょうか。

 - 投資信託豆知識