投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

今は良い投資信託でも、いつまでの良い投資信託とは限らない?!投資信託の運用状況は変わる!

      2015/07/08

070

投資信託で稼ぐ為に 過去のトータルリターンや標準偏差などを確認したり、投資対象による運用成績を比べたりして、自分にとって良い投資信託を探し出し購入しますよね。

良い投資信託を選ぶ事が投資信託で稼ぐ為にはとても大切になります。

しかし 良い投資信託だと思っていても いつまでもその投資信託が良い投資信託だとは限らないんです。

 

投資信託を運用している運用会社の運用方法や運用しているファンドマネージャーが変わるかもしれませんし、投資対象の市場も変化します。

例えば アクティブファンドの場合は、投資の専門家であるファンドマネージャーが良い運用成績にする為に 銘柄を選別して売買しますが、ファンドマネージャーの手腕によって運用成績が大きく上下するので、ファンドマネージャーが変われば運用成績も変わるんです。

だから 今は運用成績の良い投資信託であっても運用方法が変わったり、ファンドマネージャーが変わる事で運用成績が悪い投資信託になる場合もあるんです。

 

そして 株価が上昇中であれば、株式中心の投資信託は、運用成績の良い投資信託になりますが、株価が下降中の場合は、株式中心の投資信託は運用成績の悪い投資信託になる場合が多くなります。

全体的に 投資対象の市場が悪ければ、運用成績は下がりますよね。

だから 投資する市場によっても、運用成績の良い投資信託が運用成績の悪い投資信託になる事もあるんです。

 

さらに 自分にとって良い投資信託なのかも変化するんです。

若い独身の方であれば リスクが高くてもリターンを多く望める投資信託の方がいい場合がありますが、結婚などをして子供が生まれれば、リターンよりリスクを重要視した投資信託の方がいいなど 状況によって自分にとって良い投資信託が変わるんです。

だから 今は良い投資信託だとしても いつまでも自分にとって良い投資信託だとは限らないという事なんですね

 

そして 世界の経済状況によっては、ほとんどの投資信託がマイナス運用だという事もあります。

そんな時には、投資信託をしないという決断も必要になります。

良い投資信託が見つからなければ、購入しない事も投資信託をする上では大切なんです。

 

投資信託で稼ぎ続けるには、現状を把握して見直す事が大切です。

良い投資信託があるのか?現状を把握して 良い投資信託があれば投資信託で運用すればいいですし、良い投資信託だと判断できる投資信託がなければ 運用しない事も大切なんです。

そして 良い投資信託だと思って購入した投資信託が、今も良い投資信託なのかどうかをきちんと把握して、もし もっと良い投資信託があれば 手数料なども考えて見直す事も大切なんです。

 

一度 いろいろと調査して考えて購入して投資信託は、今もきっと良い投資信託だと思い込んでいませんか?

客観的に今の投資信託の運用状況を分析して、他の投資信託と比べたり、投資対象の市場と比べたりしてますか?

 

投資信託で稼ぎ続ける為には、今の投資信託の投資対象の市場や運用成績を知る事も大切なんです。

しかし 短期の運用成績だけで 投資信託を選んではいけません。

なぜなら 短期の運用成績だけでは、今後の投資信託の運用成績を予測する事が難しいからです。

 

良い投資信託がいつまでも良い投資信託だとは限りませんし、もっと良い投資信託が現れるかもしれませんよ。

だから 中長期の運用成績を中心に 短期の運用成績も参考にして 投資信託を選び、そして運用成績の現状を把握して、今の投資信託が良い投資信託なのかを見直す事が大切になるんですね。

 - 投資信託実践知識