投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

公的年金だけで本当に老後は大丈夫?!投資信託で自分年金をはじめてみませんか?!

      2015/07/08

072

老後の心配をしている方もいると思いますし、まだまだ老後は先だから大丈夫と思っている方もいますよね。

老後のことを心配し過ぎるのもよくありませんが、ある程度は考えておくことも大切だと思います。

なぜなら 日本は、少子高齢化により年金の受給年齢も上がる可能性も高いですし、受給金額が下がる可能性も高いからです。

 

そして 定年退職が60歳の方でも年金の受給年齢が65歳であれば5年間は無給になりますので、5年間は生活できる預貯金が必要になるという事です。

さらに 年金が支給されても、年金の支給金額が減ってしまうかもしれませんので、普通の生活ができるほどの年金がもらえるかは不確かなんです。

だから 老後の為に 公的年金だけではなく 自分年金である程度の蓄えをしておく事も大切なんですね。

 

自分年金とは、公的年金だけではなく自分で老後の資金である年金を貯めておくという事です。

自分年金をする為に 預貯金をしていくという考え方もありますが、預貯金は確実ですが金利は雀の涙程度です。

老後の資金の為にも ある程度は資金を運用して増やすという考え方も必要ではないでしょうか?

そこで 自分年金を増やす為に有効な方法として投資信託です。

 

自分年金を作る為には、数十年かけて 老後の資金を作るという考え方が必要です。

なぜなら 短期間で資金を大きく増やす事は難しいですし、短期間で稼いだお金を老後の資金に貯めておく事も難しいからです。

だから 自分年金を作る為には、長期で考える事が必要になります。

 

投資信託も数年から数十年かけて長期で安定的に稼ぐ方法に向いている投資なので 自分年金作りに最適な投資だといえます。

投資信託では、毎月数千円からでも積立のような感じで購入していけるものもあります。

だから 少額資金で始める事も出来ますし、自分のペースで運用する資金を増やしていける投資信託は自分年金に向いているんですね。

 

投資信託といっても 投資対象などによってリスクやリターンが変わってきます。

自分年金という目的で投資信託をするのであれば、やはりローリスク・ローリターンの投資信託を選ぶべきだと思います。

なぜなら 自分年金という目的の場合は、貯める事が一番大切になるので なるべくリスクが少ない投資信託で貯めながら少しずつでも増やすという感じがベストだからですね。

自分年金に向いている投資信託としては、債権中心の安全重視の投資信託になると思います。

ある程度 投資信託の経験を積んだら経済状況を見通しながら リスクの低い投資信託を基本として 魅力的な投資信託を少しずつ購入してみるのもいいと思います。

 

そして 長期で運用する場合は、複利効果を使えば期間が長くなればなるほど 同じ運用率でも資金が増える早さが上がります。

複利とは、ある一定期間(半年や1年)ごとに利息を元本に組み入れ、その合計に対して利息を計算する方法のことです。

単純に単利で考えると 例えば100万円を5%の利回りで10年運用したとした場合 年間の利益は5万円なので10年間で50万円の利益となります。

しかし 利益を元本に組み入れる複利で考えると 100万円を5%の利回りで10年運用したとした場合 10年間の利益は628,891円となります。単利と複利では10年で128,891円の違いが出るんです。
さらに期間が長ければ長いほど 単利と複利の差がでます。

 

同じように 100万円を5%の利回りで 20年で運用した場合は、単利の場合は、100万円の利益になりますが、複利の場合は、1,653,287円の利益になります。20年間であれば利益が1.5倍以上の差が出るんですね。

さらに期間が長くなれば もっと差が大きくなるんです。

100万円でもそんなに違いがでるのだから 資金が大きくなれば もっと利益の差も出てくるんです。

だから 長期で運用して稼ぐのであれば 複利の効果を知る事も大切なんですね。

 

自分年金を作る上では、長期間で貯めながら増やすという考え方がとても大切です。

短期で自分年金を作る事は難しいので きちんと計画的に老後の事を考えて自分年金を作る準備をする必要があるんですね。

投資信託は、自分年金作りに向いている長期間でなるべく安定的に少しずつ増やすという感じの運用をする事が可能です。

 

だから 自分年金作りをしようと考えている方に オススメな投資が投資信託なんですね。

しかし 投資信託も投資なので リスクがあり元本割れをする事もあるので きちんとリスクを理解した上で、自分にとって良い投資信託を選ぶ事が大切です。

老後を豊かにする為に 自分年金作りをしようとするなら 自分年金の一部に投資信託を組み入れてみてはいかがですか?

 - 投資信託豆知識