投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

インフレになれば預貯金で損をするかも?インフレリスク回避の為に投資信託?!

      2015/07/08

074

預貯金しているから安心だと思っている方が多くいると思いますが、預貯金が完全に安全で安心だという事では無いんですよ。

日本の金融機関で預貯金しているという事は、基本 日本の通貨である円では、元本が保証されているという事になりますが、お金の価値は為替相場や経済動向によって日々変化しているんです。

ただし 金融機関が破綻した場合は、ペイオフという制度により一千万円までの預金とその利息までしか保証されていません。

しかし 預貯金を一千万円以内で 数個の金融機関に分けて預貯金をすれば大丈夫だという事になります。

 

為替相場とは、異国間の通貨の交換される際の交換比率の事で、誰もがニュースなどで聞いた事があると思いますが、今日の為替相場はドル/円で1ドル=110円20銭で先日より50銭円高。

こんな感じで 日々 異国感の通貨の価値は変動しているんです。

だから 円安になると輸入した商品が高くなるって事で、同じ物を買うのにもお金が多くいるという事になり お金の価値が下がったという事になるんですね。

 

そして 経済の動向によっても 日本国内の不動産の価格や商品の価格も変動します。

お金は物を買ったりする為に使う物なので 物の価格が変動する事によって お金の価値も変動しているという事になるんです。

だから 物の価値が高くなる事により物やサービスの対価としての交換価値が下がりお金の価値が下がるという事になるんです。

 

聞いた事ありませんか?昔は、100万円で家が建ったって 物価の上昇により現在では、基本100万円では家は建ちませんが、そんな時代もあったという事です。

物価の上昇でお金の価値は、大きく変わるという事なんですね。

 

物の価値が高くなる事をインフレーション(インフレ)といい そして 物の価値が高くなる事によりお金の価値が下がる事を「インフレリスク」といいます。

だから 預貯金していても インフレリスクがあるので、安心だといえないんですね。

逆に 物の価値が下がる事をデフレーション(デフレ)といい デフレになればお金の価値が上がるという事になるんですね。

安心して安全な預貯金だと思っていても お金の価値の変動により、リターンもリスクもあるという事になります。

 

お金の価値が変化している?実感できない部分ですが、お金の価値が変化しているんです。

だから 大切な資金を預貯金だけでいいのか?という問題が生じるわけです。

インフレリスクを回避する事も考えておく必要もあるのではないでしょうか?

 

インフレリスクを回避する為には、物価変動などの影響を受ける金融商品で資産を運用するという考え方があります。

預金のような感じで資産を運用したいのであれば 投資信託です。

なぜなら 株式投資やFXなどは、多くの事を学ぶ必要がありますし自分で売買タイミングを考え売買するなど時間も必要になります。

しかし 投資信託の場合は、どの投資信託に投資をするのかを決めれば 後は、投資のプロに運用してもらうので、そこまでの知識や時間をかける必要がないので、預貯金と同じような感じで資産運用が出来るんです。

 

だから インフレリスク回避の為に投資を始めてみようと思われる方は、まずは投資信託にチャレンジしてみてはいかがですか?

ただし いくら投資信託は、投資のプロが運用するからといっても リスクがありますので、きちんとリスクを理解して投資信託をしてください。

→ 投資信託のリスク

そして 投資に興味を持ちもっと勉強して自分で売買したいと思われる方は、株式投資やFXなどの投資でもインフレリスクを回避してもいいですね。

 - 投資信託豆知識