投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

投資信託の初心者ならアクティブファンドではなくインデックスファンド?!

      2015/07/08

075

投資信託といっても 多くの種類があり 投資対象や運用方法やコストなど いろいろと違うので、投資信託を始めてみたいと思っても 選ぶ事が難しく最終的に今は辞めとこうと思ってしまう方もいるんです。

銀行や証券会社などに とんな投資信託がいいのかを相談しても 本当にあなたにとって良い投資信託を説明してくれるとは限りません。

下記のページを参考にしてみて下さい。

→ 人気・おすすめ投資信託の罠?!

 

自分の為に自分で投資信託を選ぶ必要があるんです。

しかし 多くの種類がある投資信託の中から 自分にとっておすすめである投資信託を探し出すのは大変です。

だから ある程度 絞って投資信託を選んだ方がいいんですね。

 

投資信託を始めるなら まずは、インデックスファンドから始めた方がいいんです。

なぜなら インデックスファンドの方が 同じ投資対象であればローリスク・ローリターンですし、運用会社によっての運用成績の違いも少ないので 選ぶのが簡単なので投資信託初心者に向いているんです。

だから 投資信託を始めてみたいと思う方は、インデックスファンドから始めた方がいいんですね。

 

誰もが多く稼ぎたいと思うものですが、投資初心者が初めからハイリスク・ハイリターンな投資信託を選んでも上手くいかない事が多く、大きな失敗をしてしまう可能性が高いんです。

そして ハイリスク・ハイリターンな投資信託の中で 良い投資信託を探し出す事は簡単ではありません。

なぜなら ハイリスク・ハイリターンな投資信託は、投資対象の今後の予測が難しく 海外への投資などが多く情報を分析して 予測する事が難しいからですね。

 

では、もう少しインデックスファンドについて説明してみます。

インデックスファンドとは、投資対象の市場平均の指標(インデックス)=BM(ベンチマーク)と同じ値動きを目指して機械的に連動するように運用する投資信託です。

だから 基本 投資対象が同じであれば どの投資信託でも ほとんど同じような運用成績になるという事になるので迷って選ぶ必要があまり無いという事になるのでインデックスファンドの方が初心者の方に向いているんです。

 

投資対象を決めれば 後は、販売手数料や運用に必要な信託報酬などのコストを比べる程度なので、インデックスファンドは選ぶのが簡単で失敗しにくいという事になります。

投資対象を決める事が大切になりますが、投資信託初心者の方は、あまりリスクが高い物は選ばず 債権中心のローリスク・ローリターンな投資信託を選んだ方がいいんです。

 

投資信託初心者の方は、インデックスファンドの中からローリスク・ローリターンな投資信託を実際に購入して、いろいろと勉強しながらもっと良い投資信託が無いのかを探しながら学んでいけばいいんです。

実際に投資信託を始める事で学べる事もありますし、実際に投資信託をする事で学ぶ意気込みも変わります。

投資信託を始めてみようかな~。って思っている方は、まずはインデックスファンドから始めてみた方がいいって事なんですね。

 

インデックスファンドの選び方については、下記で説明しています。
→ インデックスファンドの選び方

 - 投資信託実践知識