投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

投資信託って何?投資信託は投資の専門家が運用する金融商品!

      2015/06/15

001

投資信託とは、投資家から集めた資金を一つにまとめて 投資の専門家(ファンドマネージャー)が世界中の株式・債権・商品・不動産などに分散投資して運用し、運用成績によって投資家それぞれの投資金額に応じて配分する金融商品です。

 

投資というと ある程度 まとまった資金が必要だと思ってしまいますが、投資信託の場合は、沢山の投資家から資金を集めて投資をするので、1万円程度からも始める事が出来るんです。

株式投資の場合は、だいたい数十万円程度の資金が必要になりますし、銘柄によっては、数百万円無いと買えない株もあります。

投資信託の場合は、1万円程度からでも始める事が出来るので 他の投資に比べると ハードル低いんです。

 

そして 投資の専門家(ファンドマネージャー)であるプロに任せるので、細かい投資の勉強をする必要はありません。

投資の専門家(ファンドマネージャー)とは?

投資信託は、自分では うまく投資をする事ができないので運用のプロに任せたい、そんな人に最適な商品です。

 

そして 投資信託では、個人では難しい いろいろな金融商品(国内株式型・海外株式型・国内債券型・海外債権型・不動産・商品など)に分散して投資が出来ます。

投資をする場合、値上がりして稼ぐ事もできますが、一方で値下がりして損をする危険もあります。

そこで投資信託では、投資家のお金をまとめて、いろいろ金融商品に投資します。

それぞれの金融商品は違う値動きをしますので、たくさんの種類を組み入れることで、分散投資ができ投資のリスクを少なくすることができるのです。

分散投資をする事で リスクも分散されて より効率良く安全な投資が出来るという事になるんですね。

これが、投資信託の最大のメリットといえます。

 

投資信託の値段も もちろん金融商品なので 日々価値が変わっていきます。

投資信託の取引を行う単位は口と呼ばれ その値段は、基準価格といわれ その基準価格が投資信託の運用実績などによって変化し 日々価格が変わるんです。

だから 投資の専門家(ファンドマネージャー)が資金を運用してくれるからといって 投資なので必ずしも稼げるわけではありません。

投資信託は、投資なので損をするリスクもあるんです。

 

そして 投資信託によっては、分配金といって 決まった期日でお金をもらえる仕組みもあります。

運用成績以外にも 分配金などによっても 基準価格は反動します。

分配金がある場合は、基準価格が下がっても 損をしない場合もありますので トータルリターンなどをきちんと確認する事が大切です。

そして 投資信託には、信託期間というものがあり 投資信託の運用が始まる日から、運用が終了する日があります。信託期間が終了すると投資信託に運用してもらっていたお金が返金されます。

しかし 信託期間が無期限の投資信託もあります。

 

そして 投資信託には、信託期間というものがあり 投資信託の運用が始まる日から、運用が終了する日があります。信託期間が終了すると投資信託に運用してもらっていたお金が返金されます。

しかし 信託期間が無期限の投資信託もあります。

投資信託について 簡単に説明しましたが 少しは 投資信託について理解していただけたでしょうか?

 

投資信託もリスクがある事をきちんと理解してから 自分が背負えるリスクを考えて 投資信託ですね。

 - 投資信託入門・基礎知識