投資信託job

投資信託の基礎から実践的な知識を紹介

投資信託の収益。分配金と償還差益と解約差益と譲渡益って何?!

      2015/06/16

010

投資信託の収益には、分配金と償還差益と解約差益と譲渡益があります。

分配金とは、投資信託の運用期間中に分配されるお金の事です。

年に数回 分配されるタイプや毎月分配するタイプがあります。

分配金は、主に投資信託の運用益によって支払われますが、元本払戻金(特別分配金)という方法で 分配金を支払う方法もあります。

元本払戻金(特別分配金)とは、言葉の通り元本を払い戻しているお金なので、収益ではないんです。

だから 分配金が 本当に投資信託の運用益によって支払われているのかを きちんと理解しておく事が大切なのです。

 

償還差益とは、投資信託の運用期間が終了した時の元本との差益の事です。

解約差益とは、投資信託の運用期間中に途中で投資信託を直接解約した時の元本との差益の事です。

譲渡益とは、投資信託の運用期間中に売却した場合の元本との差益の事です。

投資信託では、上記のような収益があるんです。

 

しかし 収益が確実に でるわけではありません。

投資信託の運用成績によっては、元本より 償還・解約・譲渡時の受益証券が安ければ 損をしてしまいます。

 

では、投資信託の収益に関係する 投資対象の収益についても説明しておきます。

国内の株式投資の場合は、株の売買による差益や配当などによって収益を上げます。

債権の場合は、利息ですが、海外の債権の場合は、為替差益なども関係します。

不動産なら 不動産の家賃収入や 不動産の売買による差益で収益を上げます。

海外の株式投資の場合は、株の売買による差益や配当 そして 為替差益なども関係します。

投資対象によって 収益を出す方法が違いますので、投資対象の収益によっても どの投資が収益が出るのか?そして安全なのかなどを把握する事も出来ますね。

 

投資信託の収益で注意する点は、分配金です。

収益を上げて 分配金がもらえていると思っていても 元本を取り崩している場合があるんですね。

 

そして 投資信託も 運用期間中 基準価格が変動しますので、投資信託の状況を把握して 稼げている時に売却して利益確定をする事も必要な場合があります。

 - 投資信託入門・基礎知識